激動の時代を生きる子どもたちの為に

  • HOME
  • 卒園後のサポート

はじめに

副園長の山里です。

今から約10年前の2007年に初代iPhoneが発売されました。そのときに、スマートフォンが普及し、LineやFacebookでコミュニケーションすることが当たり前になる今の時代を予測できた人はどれくらいいたのでしょうか?

同様に今から10年後がどんな時代か?どんな教育が重要となるか?を予測することは極めて難しくなっています。

AIの進化や様々なテクノロジーの進化など現代社会はとてつもないスピードで変化し、複雑化しています。そんな複雑化する社会を生きていく子どもたちのために、「学び」と「遊び」を通して成長できるような子どもにとって最高の「居場所」を創りたい。

そんな想いから、「び場」というアフタースクール(学童)を設立しました。

 

び場の創りたい未来

屋形原保育園が40年の歴史で培ったノウハウである「遊び」と「学び」を通じて、子どもたちが「分からないことにも楽しんでチャレンジする力」を学んで欲しいと思っています。

そのうえで代表の山里が様々な現場で培ったファシリテーターとしての経験をベースに、子どもたちの「勇気をもって道を拓く力」を育む。困難な時代を生きていく子どもたちが、自分らしく幸せに生きていくための力として「勇気をもって道を拓く力」を学んで、び場を巣立っていってほしい。

これがび場の願いであり実現したい未来です。

もっと「び場」のことを詳しく知りたい方は下記ボタンをクリックください。

び場のホームページへ